Page: 1/57   >>
東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余
今朝のニュースで東日本大震災から6年半が経過した今も、仮設住宅で2万人ちかい人々が生活を余儀なくされていると報道された。加えて、今後、各自治体の仮設住宅運営の効率化に伴い、さらに仮設住宅内での移住を迫られる可能性が指摘される。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134441000.html

1つの災害をきっかけにこれだけ長期にわたり、数万人規模での生活が制限されるという事実。
災害がなくても人口減少が進む地域では、1つの災害への対応いかんで、街や地域が縮退するが加速する。
生活環境の計画や防災に関連する専門家と行政、住民のさらなる連携と災害前からの積極的な対応の検討が期待される。

災害に対する柔軟な回復力、再生力といういう意味でのレジリエンスが世界的な課題となっていることを改めて認識する報道である。
| 上原 三知 | 11:14 | - | - | pookmark |
IFLA World's world accord’Climate Change’
International Federation of Landscape Architects (IFLA) から気候変動にランドスケープ・アークテクトが関わっていくための協定の批准に向けた取り組みがはじまりました。

アジア・パシフィックでの批准に向けて日本(JLAU IFLA Japan)としても応援する方向で関わっていきます。

国際造園家連盟(IFLA)
GLOBAL ACCORD
変化する世界のための適応
挑戦
大気中の温室効果ガスの濃度が増加し続けており、大気と海洋が温暖化し氷河が溶け、世界中の海面が上昇しています。世界の気候が変化しており、その気象パターンがより不安定と極端になってきたことは確かです。
今日行われる決定((人間社会の計画とデザイン、資源の開発、及び生態系の保全・保護)は、人々や環境の容量や環境変化や、将来の世代の安全と繁栄の能力を保証することにも継続的な影響を持つことになります。
気候変動の影響予測や、洞察に満ちて、創造的な注意が、革新的で、効率的かつ、おそらく最も重要な続く世代の福祉に深い貢献をつくることを保証します。

世界的協定
"ランドスケープアーキテクト、およびその関連の職能は、豊かな未来と持続可能な環境を確保するために以下のことを理解します。
私たちはレジリエンス(災害弾性、回復力)の強化された社会を創造しなければなりません。より良い状態に変化する意欲が必要です。
環境、文化、そしてすべての人々のための幸福の長期的な持続可能性を確実にすることを約束しなければなりません。"
これらの3つの主要な原則に焦点を当てるために私たちの仲間を奨励することで、IFLAは、能力を築き、変化する世界の課題と機会を受け入れための計画とデザインの意思決定上の革新を促進することを望みます。
環境と文化のシステムを越えて働くにあたり、LAは、專門的に従事する独自の立場にあり、複雑な社会的および生態学的問題の対処に適した新しい政府間の連合組織、産業として、平等、持続可能性、弾力性および民主主義の原則に内在する機会を十分に表現できます。
このため、IFLAは、個人や組織、政府、産業界により支援されている実践上の世界的な協定を開始しました
"協定は、意思決定のための3つの基本理念を確立し、分野や地理や国境を越えた協働を奨励します。
"
レジリエンス(災害弾性、回復力)
レジリエンスのある社会や生態系は、小規模な圧力(ストレス)あるいは一時的な変化を吸収する、ストレスの影響からの急激な回復、環境条件を変えることで長期的な悪影響を避けて持続できる能力を持っています。
気候が変化すると、天候がより深刻になり、地域社会や生態系に壊滅的な影響を持つでしょう。
これらのストレスに耐える能力は、コミュニティが存続するかどうか、または変化が必要かどうかを決定します。
回復力は、個体、集団的な多様性や強さの関数となりえます。レジリエンスのある個体やシステムは、気候変動の中で苦難に遭遇しつつも、機会をつかむために必要な創造性と革新の可能性を秘めています。

変革
変革社会は変化を受け入れ、哲学的に特徴づけられます。人々が思考し、感じ、行動する方法において、実践的かつ戦略的な変化をもたらします。
変容的な変化は、より良い状態に向かって絶えず動いています。
私たちの歴史を通して、人類は、行動を変えたり、新しい環境に適応したり、より良い条件に移行したりすることによって、社会的および環境的な激動に反応してきました。
これらの今後数十年では、社会は、温室効果ガスの排出量を削減するために地域社会を変革し、自然環境を保全し、強化するために働かなければなりません。
今日の世界が明日の世界ではないことを考えれば、文化、経済、生態系が確実に繁栄するようにするためには積極的な行動が必要です。

持続可能性
持続可能な社会は、今日の決定が将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことのないように確認します。
健康で持続可能な環境は、ますます人間の資源の保護、保全、賢明な利用に依存し、システム、機能、種を保護し、特にますます厳しい状況下での継続的な生存を保証するためのものです。
持続可能性の目標は、環境、社会、経済の配慮がつり合っている将来を促進します。
改善された生活の質の追求において、持続可能で繁栄した社会は、食糧と資源、安全な飲料水、清潔な空気、そしてすべての市民のための避難所を提供する健全な環境を必要としています。

翻訳 上原三知 2017_9_4

原文:
International Federation of Landscape Architects (IFLA)
THE GLOBAL ACCORD

Adaptation for a changing world

The Challenge
As concentrations of greenhouse gases in the atmosphere continue to increase, the atmosphere and the oceans are warming, glaciers are melting, and sea level around the world is rising. It is certain that the world’s climate is changing and that weather patterns have become more erratic and extreme.
Decisions made today in the planning and design of human communities, the development of resources, and the conservation and protection of ecosystems will have ongoing effects on the capacity of peoples and environments to with stand environmental changes, and on the ability of future generations to ensure their security and prosperity.
Insightful and creative attention to existing and anticipated impacts of climate change will ensure that we build innovatively, efficiently and perhaps, most importantly, with a deep commitment to the welfare of generations to come.

The Global Accord
Landscape architects, and their affiliated professions, understand that to ensure a prosperous future and a sustainable environment, we must create societies characterized by an enhanced capacity for resilience, a willingness to transform to a better state, and a commitment to ensuring the long-term sustainability of environments, cultures and well-being for all.
By encouraging our memberships to focus on these three key principles, IFLA hopes to build competence and to promote innovation in planning and design decisions that embrace the challenges and opportunities of the changing world.

In working across environmental and cultural systems, landscape architects are uniquely positioned to engage professions, industries and governments in new alliances better equipped to address complex social and ecological problems and to fully express the opportunities inherent in principles of equity, sustainability, resiliency and democracy.
To this end, IFLA has initiated the Global Accord, an agreement on practice supported by individuals and organizations, governments and industries.
The Accord establishes three guiding principles for decision-making, and encourages collaboration across disciplines and geographic and national boundaries.
Resilient
RESILIENT societies and ecosystems have the capacity to absorb stresses of small scale or temporary changes, to rapidly recover from the impacts of stress, and to persist without being detrimentally affected in the long term by changing environmental conditions.
As the climate changes, weather will become more severe, having catastrophic effects on communities and ecosystems.
The capacity to withstand these stresses will determine if communities persist or if migration is required.
Resilience can be a function of individual and collective diversity and strength. Resilient individuals and systems possess the potential for the creativity and innovation needed to both meet hardships and to seize opportunities in a changing climate.
Transformative
TRANSFORMATIVE societies embrace change and are characterized by a philosophical, practical and strategic shift in the way people think, feel, and act.
Transformative change continually moves towards a better state of being.
Throughout our history, humankind has reacted to social and environmental upheaval by altering behavior, adapting to new circumstances and / or migrating to better conditions.
In these next few decades, society must work to reduce greenhouse gas emissions, to transform communities, and to conserve and enhance the natural environment.
Given that the world of today will not be the world of tomorrow, positive action is needed to ensure that cultures, economies and ecosystems continue to thrive.
Sustainable
SUSTAINABLE societies ensure that the decisions they make today do not compromise the capacity for future generations to meet their needs.
Healthy and sustainable environments increasingly rely on the protection, conservation and wise use of resources by humans, to protect systems, functions and species and to ensure their continued viability, especially under increasingly trying conditions.
Sustainability goals promote a future in where environmental, social and economic considerations are in balance.
In the pursuit of an improved quality of life, a sustainable and prosperous society relies on a healthy environment to provide food and resources, safe drinking water, clean air and shelter for all its citizens.

| 上原 三知 | 17:08 | - | - | pookmark |
AILA(Australian Institute of Landscape Architects)の戦略2015-2020
JLAUランドスケープ・アーキテクト・ユニオンおよび日本造園学会の国際委員会から依頼を受けた記事を執筆するために、AILAのメンバーでIFLA Aprのオーストラリア代表のグレックから紹介されたAILAの5年計画の翻訳を行う。

2016年10月に参加したAILA50周年事業は、AILAの大きな立て直しの上で開催されたプログラムであった。
海外のランドスケープ・アークテクトを支える学会がどのような課題に、どのような方法で取り組んでいるのかを少し紹介できればと思う。
| 上原 三知 | 23:00 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

関連分野

ランドスケープ

著書・関連書籍

書籍検索

旅行予約エクスペディア

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode